上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.06.27 Georges Blanc
鶏を求めて三千里

おいしい鳥が食べたいなあ~。
焼き鳥屋にいきたいなあ~。
と、ボヤキつつ・・・

フランスでおいしい鳥と言えば最高のブランド「ブレス鶏」がある!
ここは本場フランスのブレスの鶏を食いに行かなければならないって言う勝手な使命を果たしにいざブレスへ!

ブレスはどこかいな?とミシュランペラペラと。(ミシュラン大活躍)
ブルゴーニュの南。マコン(シャルドネ有名です)から東へ向うとそこにはBourg en Bresseがある!
そこらへんが超高品質最強鶏が生まれる。

ん?

ブレスの近くになんと!
3つ星のレストランが存在した!

皆も1度はその名を聞いたことがあるだろう!
「Georges Blanc」

今回も強行突破で行けば日帰り叶姉妹だ!

歴史ある伝統の館で最高の鶏ブレスを最高のレストランで頂こう!

朝1の列車でやってきました!お昼になんとか間に合いましたんでランチっす。
マコンから車で約20分。ナンもないとこをひたすら走ると小さな町vonnasに着きます。
ありました!ジョルジュ・ブランが!
う~ん外まで鶏の匂いが!!!しないしない。
ジョ1


当日まで夜の予約だったんですがお昼が間に合いそうだったんで急遽昼に変更!
受付ネーちゃんのナイスな対応で気分よくレストランへ!
電話対応一つ!(これ大事)
レストランに行く最初のサービス。それが入店前の電話によるもの。
ましてや3つ星。予約が当たり前!皆それぞれの想いを秘め心ワクワクドキドキで予約の電話をする。そこからがレストランサービスの始まりと言っていいだろう。電話対応一つで更に期待をふくらませてくれる。その逆さえある。もし満席だったらただ満席ですガチャ。と切るか、後につなげるかもその電話をとるネーチャンなりおっさんなりの腕にかかってる。
簡単に言えば電話でそこのレストランのレベルがチョンバレってなとこです。

レセプションの案内ネーチャンがその電話のネーチャンだった。
軽く会話をはさみながらサロンへ案内。
木の温かみのある別荘にでも来たかのような心地よいサロンで大移動の疲れも癒される。
ジョ2


奥にはBAR
早速癒しのオアシスを頂こう。
ジョ3


もちろんシャンパーニュ。
アペもやってきました。
ジョ4


3種類。かわいい鉄板に乗ってきましたよ。
シューフルーのスープ。アペの1発目にはいい!
フォアグラOJ小さいながらも濃厚濃縮農業大学! (???) フォアグラテリーヌは前菜よりアペのほうが印象に残るんは僕だけ???量の問題やと思う。。。
あと1番手前があったかい・・・忘れた。
ジョ5


メニューを見て即決め!

ワインリストをじっくり眺めながらアペタイムを楽しみま~~~す!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://agneau.blog82.fc2.com/tb.php/171-308cbbb7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。