上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.01.29 Le Cinq ②
フランス最後の晩餐

オー!シャンゼリゼ近くのセレブホテルのジョルジュ・サンクでの奇跡のラストディナーです♪
心機一転シェフもオニューな完全3ッ星奪回を狙ってるル・サンクです!

今宵の〆にふさわしい料理をオーダーしよう!
v1.jpg


でも到底デギュスは食えないんでカルトです!
そしたら目の前に飛び込んできたカルトのメインのところに!

『クラシックに仕上げたジビエ3種の糞でかいパイ包み焼』な日本語訳を勝手にしちゃいましたが、その名の通りのメニューが載っているじゃぁあ~~りませんか。(2人前)

こんな全盛期のシカゴ・ブルズ的なオールスターメインディッシュはそそり度120%もん!
アントレなし、デセールなしのこのメイン1発勝負で決めましょう☆

ワインはジラルダッフンダ!~ン。
サントネーの名手の1erっす。
v2.jpg


アントレがない分+パイ包みなんでかなりの時間がかかります。
腹を減らすのに調度。ワインでちんたら待たせていただきますよ。

話のもつれで同業とばらしたらメインまでこれ食ってってとサービス1品。
v3.jpg


アリニー・ド・メールの泡泡。
これ+もう1品来ちゃいーのハコに似合わんけど心地よいギャグ満載のサービススタッフによりメインが来るまでの時間をワインと共に楽しみます☆

ピンボケでやってきたー!

でか!でか!うまそ!
v4.jpg


スタッフ~~~が目の前でザックリ一等入魂!
最後に滑って落としてくれ!
v5.jpg


できあがり☆
落とさず無事盛り付けてくれました。
v6.jpg


これぞ究極ジビエの(コルベール、ペルドロー、雷鳥)3種のジビエパイ!
まずは4分の1づつカットからサーヴ。

3種のジビエが味わえる世にも奇妙で贅沢なパイ。
ソースは内臓でええダシでまくり濃厚もつもつソース!

いっただきいまーす♪


パクッ。


むしゃ。


モグモグ。


うっ!


こっ、これは!


うーーーまーーーいーーーぞーーー☆☆☆

なんじゃこの濃いく、ほどよく臭く、旨すぎる1品。
肉1つ1つがけっこうでかサイズのぶつ切りで入ってるやないか!
そんでもってソースがべらぼーに旨く絡めて食ったら最強に完成された料理に!
サクッとしたパイがこのとてつもなく濃いい料理を飽きささずマイルドにしてくれるのか!?
ワインがないとまず完食はできひん料理です。

始めの1カットが食い終わったら残りのもう1カットが登場する。
もちろん完食。はらはちきれそーやけどベラボーな満足感。
フランスの最後と今年のジビエの〆にふさわしい素晴らしいジビエ料理でした。

最後はおみやとキッチン案内で終了。


たった1品でも快く気持ちいサービス、空間、料理で満足できるんです!


結果終わりよければ全てよしになりました☆


これで心置きなく明日日本に帰国することにしよう!


次回帰国。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://agneau.blog82.fc2.com/tb.php/321-7821ceac
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。