上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.02.02 マキシム
伝統すでに風化するっの巻

日本フレンチの先駆者!老舗マキシムで伝統を感じましょうと訪れやした。
てか伊豆まで来たから東京寄ってしまえてな感じ。
いきなりやし近くで思いつくまま。

2度目やけど関西にないこの雰囲気がよいっす。
ではデジュネりまーす。
ma1_20100202143512.jpg


が、しかし・・・
すんばらしいシャンデリアを見ながら階段を優雅に降りたらこけるでえ~。
下にサル。
ma2_20100202145254.jpg


朝飯がっつりやろからと1番軽めにコースを予約。
ムニュ・ジャポネ。う~ん怪しいけど・・・
ma3_20100202145423.jpg


ほっほー。東京価格け?グラスシャンパンベラボーに高いっちゅうの。
あほらしくグラスの白は真冬のミュスカデを注文。
ma4_20100202145556.jpg


雰囲気はこの独特な雰囲気を堪能しつつも・・・

いっきなりグラスに水滴から・・・
こんな暇やのにぃ天下のマキシムらしからぬボンミス。

グラスワインの量やグラスもねえ。
やはり現代には負の要素しか残らんのが本音。

量的にそしてマキシムの味を少しづつってので注文したこのコースがなんじゃこりゃ。

一挙にドン。
3段重ねの弁当箱でサービス。
横に箸。まさにジャポネ・・・
気分は高級レストランで中学校の時お弁当あけて食ってる気分。
THE「大人の遠足」
ma5_20100202150257.jpg


1er ソモンパルフェ、ポアローキッシュ、クラブサラダ、オマフラン、トマトコンフィ
2em 菜の花、ホタテムース、パプリカムース、鶏テリーヌ、ラタ、サフランホタテテリーヌ
3em フォアグラポアレ

白いクロスにずらり!飲茶かいっ!
味って?聞くん?
う~ん家庭のってゆーか・・・どれも。

メインは選べて舌平目のアルベール。
これだけはマキシムで食っておきたかった料理でもあったので。
てかちっちゃ!
ma6_20100202151652.jpg


こいつはマキシムを語る上ではずせん伝説のメートル・ドテル アルベールの料理。
「マキシムの客」になることの栄誉を作り上げたという人物で本人が考案した料理っす。
伝説のメートル目指すにはこいつは食っておかんとのことで。

でも味はアルベール!かいな。

温泉で腹いっぱいになるし昼腹ヘラなさそうと睨んだんですけど読み間違えてけっこう腹減っていてこの量は全然足りる気配おまへん。でも1番安かったしこの味やから高いコースでしくるよりかはまし!?
まあ、フロマージュがプレゼンしに来るからフロマージュでも食おうかなと思ったら・・・

じゃ~ん無言のオートマチクデザート。
ma7_20100202152931.jpg


マカロン1個に日本茶(苦苦笑)
やってくれるぜマキシムサービス!
やっつけ仕事連発劇にあいそもなんもなく。

極めつけのオートマチック東京湾ウォーターもグラス臭い・・・

腹5分目にて即退却じゃ!
マキシムよお前にはあの死兆星が見えるはず。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://agneau.blog82.fc2.com/tb.php/466-63a2de3d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。